shiseido art eggとは

資生堂は「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(ビューティーイノベーションでよりよい世界を)」を企業のミッションとし、「美」でこの世界をよりよくするためにイノベーションをおこし続けていくことを使命と考えております。

1919年のオープン以来、「新しい美の発見と創造」という理念のもと活動を続けてきた資生堂ギャラリーは、アートによるイノベーションを目指し、「新しい美」との出会いの場として、新進アーティストの活動を応援する公募展 第15回shiseido art eggを開催します。

応募の際に提出いただくのは、これまでの活動履歴をまとめたポートフォリオと資生堂ギャラリーでの展覧会プランです。今年よりオンラインでの応募となります。

作品の制作テーマ、クオリティー、そして「資生堂ギャラリーの空間でなにをどのように表現しようとしているのか」の3点を評価のポイントとして審査を行い、3人(組)のアーティストを選出します。
入選された方には、資生堂ギャラリーで開催される通常の企画展と同様、担当キュレーター、専門スタッフと話し合いを重ね、それぞれの個展をつくりあげていただきます。

さらに、現代の創造の現場に造詣が深く、様々なジャンルで活躍する審査員3人が3つの個展を鑑賞し、shiseido art egg賞として1つの展覧会を選出します。

資生堂ギャラリーは、shiseido art eggを通じ、次代を切り拓く先進性をもったアーティストを応援するとともに、社員が参画する価値創造プログラムを実践していきます。
あなたも資生堂ギャラリーの空間で、新たなイノベーションをおこしてみませんか。

実施概要

2021年2月改訂

1. 応募受付 2021年3月30日(火)~4月13日(火) (オンラインのみ有効)
2. 審査
(ポートフォリオ審査)
5月頃、入選者3人(組)を決定します。
●審査員
伊藤俊治(東京藝術大学教授/資生堂ギャラリーアドバイザー)
光田由里(美術評論家/資生堂ギャラリーアドバイザー)
資生堂ギャラリー学芸スタッフ・社員審査員 ※社員が参画する価値創造プログラムに参加した社員
3. 入選者発表 2021年5月頃、ウェブサイトにて発表
4. 資生堂ギャラリーにて
入選者個展開催
9月~12月予定(各23日間予定)
※ 開催期間の指定はできません。いずれの期間でも開催可能であることを前提に申し込んでください。
※新型コロナウイルス感染症の状況により、内容およびスケジュールに一部変更等が生じる可能性があることを予めご了承ください。
5. shiseido art egg 賞発表 2022年1月 ウェブサイトにて発表

サポート

1. 制作費補助30万円
※基本的に、制作費補助額を上回る制作費はアーティスト自身の負担となります。特別な展示ケース、仮設壁などを制作する場合も同様です。
2. ギャラリー担当キュレーターによる展示までのサポート
(作品やテーマの選定、展示プランの立案、アドバイスなど)
3. 専門の展示スタッフ(照明含む)による作品展示協力(展示3日間、撤去1日)
4. カメラマンによる展示風景撮影(動画、スチル)
5. 展覧会記録の作成
6. 資生堂ギャラリーウェブサイトなどにおける展覧会の紹介、マスメディアに向けた広報活動
7. 会場受付スタッフの配置

shiseido art egg賞

様々なジャンルで活躍する審査員3人が、3つの展覧会のなかから、shiseido art egg賞を選出します。受賞者には賞金20万円を贈呈します。