イベント

第17回shiseido art egg関連イベント

「画廊の夜会」に参加します

資生堂ギャラリーでは、夕方から夜にかけて銀座の26画廊が一斉に開廊する「画廊の夜会」参加します。夜の銀座を回遊しながらアートを楽しんでみませんか?●参加費無料 ●事前申し込み不要

開催日時:5月24日(金)​17:00 ‐ 21:00
「画廊の夜会」詳細ページ

2023年の画廊の夜会の様子

2023年の画廊の夜会の様子

2023年の画廊の夜会の様子

2023年の画廊の夜会の様子

アーティストトーク

※終了しました

アーティストトーク 岩崎宏俊「ブタデスの娘/Daughter of Butades」

第17回 shiseido art egg 岩崎宏俊「ブタデスの娘/Daughter of Butades」(~5/26) をもっと楽しむためのアーティストトークを開催します。当日は、アーティスト本人が展覧会に込めた想いや制作背景などを語ります。
作品解説をお楽しみいただきながら、日常から離れて心豊かな時間を過ごしませんか?

日時:5/8(水)・ 5/21日(火)いずれも17:00~17:30
会場:資生堂ギャラリー
予約:不要(直接、会場にお集まりください)
参加費:無料

※都合により内容や日時が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

【プレゼント】第17回shiseido art egg来場スタンプラリー

3 展来場で特製ステッカーをプレゼ ント!

好評につきご用意した数量の配布を終了いたしました。

第17回shiseido art eggをより楽しんでいただくための企画として、第1~3期展すべてをご鑑賞いただいた方に、shiseido art egg特製ステッカーをプレゼントいたします。
shiseido art eggは、資生堂が新進アーティストを応援する公募プログラムです。選出された3名のアーティストが、資生堂ギャラリーを舞台にそれぞれが個展をつくりあげ、各展覧会後には3名の中から1名にshiseido art egg賞が授与されます。
みなさまには各個展を楽しんでいただきながら、3名のアーティストを一緒に応援いただきたく、ご来場をお待ちいたしております。

第17回 shiseido art egg 各個展の詳細
https://gallery.shiseido.com/jp/exhibition/6663/

ステッカーイメージ(*デザインは変更となる場合があります)

ステッカーイメージ(*デザインは変更となる場合があります)

スタンプラリー開催期間

2024年1月30日(火)~5月26日(日)

会場

資生堂ギャラリー(東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階)

プレゼント

shiseido art egg 特製ステッカー1枚

*プレゼント内容は、予告なく変更となる場合がございます。

参加方法

STEP1:第1期 林田真季展(1/30-3/3)の期間中にご来場いただき、展示ご鑑賞後、受付にてスタンプカードをお受け取りください。
STEP2:第2期 野村在展(3/12-4/14)、第3期 岩崎宏俊展(4/23-5/26)をそれぞれご鑑賞いただき、展覧会お楽しみください。各個展鑑賞後、受付にスタンプカードを提示いただくと、スタッフがスタンプを押印します。
STEP3:スタンプが3つたまりましたら、第3期岩崎宏俊展(4/23-5/26)の期間中に、受付スタッフにスタンプカードをご提示いただき、プレゼントとお引き換えください。

<スタンプラリーに関する注意事項>

・ プレゼントの内容は諸事情により、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。
・ 開館時間や休館日については、事前にご確認の上ご来場ください。
・ スタンプ押印は鑑賞当日のみ、過去の鑑賞の押印は不可となります。
・ スタンプカードはお一人につき1枚の配布となります。
・ スタンプカードを紛失された場合、再発行いたしかねます。
・ プレゼントはお一人につき1点限り、なくなり次第終了となります。

お問い合わせ: 資生堂ギャラリー 
tel. 03-3572-3901 
fax. 03-3572-3951 
(11:00~18:00 月曜休)

「第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界  “ただ、いま、ここ”」関連イベント1

※イベントは終了しました

日時:

詳細はこちら

アートウィーク東京に参加します

※イベントは終了しました

日時:

詳細はこちら

「石内都 初めての東京は銀座だった」の関連イベント

※イベントは終了しました

日時:

詳細はこちら

AMBIENT NIGHT

※イベントは終了しました

日時:

詳細はこちら

太田和彦氏、十文字美信氏「異端の資生堂広告」を語る −1973年のシフォネット雑誌広告から−

※イベントは終了しました

日時:

詳細はこちら

もっと見る

資生堂ギャラリー公式アカウント