過去のイベント

「第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界  “ただ、いま、ここ”」関連イベント1

※イベントは終了しました

宮永愛子作品鑑賞ツアー「椿会+(プラス)」 

椿会&Shiseido Future University 展示作品

第八次椿会メンバーの宮永愛子さんをお迎えし、ご自身の作品について解説していただきながら鑑賞するツアーです。はじめに、資生堂ギャラリー展示室内で今回の椿会出品作についてお話を伺います。さらに、資生堂が設立した一般非公開の新施設 Shiseido Future University にみなさまを特別にご案内し、そこに展示されている宮永さんの作品をご覧いただきます。ナフタリンやガラスといった素材で、空気や時間を内包させ、存在や気配、その痕跡をかたちにする宮永さん。今回のツアーでは、資生堂や銀座にまつわる作品についても、その創作の背景を伺いながら鑑賞いただけます。

日時:2023 年 12 月 20 日(水)18:00~19:30(受付 17:45 より)
会場:
①資生堂ギャラリー(東京都中央区銀座 8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下 1 階)
②Shiseido Future University(東京都中央区銀座 7-5-5)
定員:30 名  ※定員に達したため、受付を締め切ります。
参加費無料

※集合場所は資生堂ギャラリーとなります。その後スタッフの誘導で Shiseido Future University に移動します。Shiseido Future University 鑑賞後、現地解散となります。
※Shiseido Future University の写真撮影および SNS での発信はご遠慮願います。

宮永愛子(みやなが あいこ)

1974 年生まれ。京都府京都市出身の現代美術家。第 3 回シセイドウアートエッグ出身。京都造形芸術大学美術学部彫刻コース卒業。東京藝術大学大学院美術学部先端芸術表現専攻修了。平成 18 年度文化庁新進芸術家海外留学制度によりエジンバラ(イギリス)に 1 年間滞在。第 22回五島記念文化賞美術新人賞を受賞し、同賞により 2011 年からアメリカを拠点に活動。日用品をナフタリンでかたどったオブジェや、塩を使ったインスタレーションなど、気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品で注目を集める。主な個展「うたかたのかさね」京都市文化博物館(2020 年)、「宮永愛子:漕法」高松市美術館(2019 年)、「宮永愛子 詩を包む」富山市ガラス美術館(2023-2024 年)。2019 年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。アートエッグから初めての椿会メンバー。

出品作品

《深い眠り/あさい目覚め》2023

《深い眠り/あさい目覚め》2023

《海の頂》2023

《海の頂》2023

《詩を包む -ホワイトローズ-》2023

《詩を包む -ホワイトローズ-》2023

《message(2019/2021/2022/2023)》2023

《message(2019/2021/2022/2023)》2023

「第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界  “ただ、いま、ここ”」関連イベント2

椿会フライデー

毎週金曜の夕方に約30分間、「第八次#椿会 “ただ、いま、ここ“」(~12/24) をもっと楽しむためのガイドツアー『椿会フライデー』を開催します。
ご予約不要です。年末の忙しさを忘れて、資生堂ギャラリーで心豊かなひとときを過ごしてみませんか。

1 11/24(金) 17:00~17:30
2 12/1(金) 17:00~17:30
3 12/8(金) 16:00~16:30
4 12/15(金) 16:00~16:30
5 12/22(金) 16:00~16:30
会場 資生堂ギャラリー
定員 各回10名ほど
予約 不要
費用 無料

※お時間になりましたらお集りください。

「第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界 “ただ、いま、ここ”」
https://gallery.shiseido.com/jp/tsubaki-kai/

お問い合わせ: 資生堂ギャラリー 
tel. 03-3572-3901 
fax. 03-3572-3951 
(11:00~18:00 月曜休)
過去のイベントトップへ戻る